「ヤセ我慢」の意味とは?意味や使い方を解説!

「ヤセ我慢」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ヤセ我慢」について解説します。

目次

  1. ヤセ我慢
  2. ヤセ我慢の意味とは
  3. ヤセ我慢を使った文章・例

ヤセ我慢

ヤセ我慢」という言葉について解説します。

「またまたヤセ我慢しちゃって~」「寒いけどヤセ我慢して薄着で過ごす」といった使い方をするこの言葉。

みなさんも日常の中で見聞きしたり、使ったりしたことがあると思います。

身近な言葉でもありますので、意味や使い方もなんとなく把握していると思いますが、ここで一度おさらいしてみましょう。

ということで、ここではそんな「ヤセ我慢」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

ヤセ我慢の意味とは

ヤセ我慢とは「無理に我慢して平気を装うこと」という意味の言葉となっています。

意味のポイントとしては、「無理に」「装う」というところでしょうか。

ということで、「寒いのにヤセ我慢して薄着で過ごす」といった場合は「寒いのに我慢して平気な振りをして薄着で過ごす」となります。

ヤセ我慢の語源ですが、貧しい人は痩せるまで我慢をして不自由な生活を送る。ということからきています。

少し、現代で使われている意味からは離れている気がしますが、ヤセ我慢のヤセは痩せるからきています。

日常を送っていく中で、ヤセ我慢をしなければならない時なんかもありますが、できればしなくて済むならしないで過ごしていきたいものですね。

>

ヤセ我慢を使った文章・例

  • ヤセ我慢の典型例は「武士は食わねど高楊枝」。腹が減っても庶民の前ではそんな素振りは見せられず、逆に満腹を装うために楊枝を差して道をいく。なんて悲しいことでしょう。
  • バットをスネで折るパフォーマンスをした人が、ケンケンしながら痛くないとヤセ我慢をしていた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ