「神はサイコロを振らない」とは?意味や使い方を解説!

「神はサイコロを振らない」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「神はサイコロを振らない」について解説します。

目次

  1. 神はサイコロを振らない
  2. 神はサイコロを振らないの意味とは
  3. 神はサイコロを振らないを使った文章・例文

神はサイコロを振らない

神はサイコロを振らない」という言葉は、意味は知らなくても聞いたことのある人が多い言葉かもしれません。かの有名なアインシュタインが使った言葉で、物理学の世界ではよく知られています。

「神はサイコロを振らない」は会話の中で出てくることもありますから、この機会に教養として知っておいてください。

この記事では「神はサイコロを振らない」の意味や使い方などを解説します。

神はサイコロを振らないの意味とは

「神はサイコロを振らない」はアルベルト・アインシュタインが、「不確定性原理に反論するために使った言葉」です。

アインシュタインは世の中の物事には全て法則性があって、それに則ってすべてが動くと考えていたため、このような比喩を使って反論しました。直接的に言わないあたりが、彼の哲学的な姿勢を表しています。

また、このアインシュタインの言葉を由来にした「神はサイコロを振らない」という小説が日本で発売されており、テレビドラマ化されるなど人気を博しています。

 

>

神はサイコロを振らないを使った文章・例文

  1. 不確定性原理に対するアインシュタインの反論で生まれた、神はサイコロを振らないという言葉は哲学性も含んでいて魅力的だ。
  2. 神はサイコロを振らないという小説を読んだが、そこそこ完成度が高くて読み進めるうちにどんどん物語に引き込まれていった。
  3. アインシュタインは神はサイコロを振らないと言ったが、物理学の世界では今でも逆の立場からも様々な研究と検討が繰り返されている。
  4. 神はサイコロを振らないと言った時、アインシュタインはどんな気持ちだったのだろうか。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ