「決まりが悪い」の意味とは?意味や使い方を解説!

「決まりが悪い」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「決まりが悪い」について解説します。

目次

  1. 決まりが悪い
  2. 決まりが悪いの意味とは
  3. 決まりが悪いを使った文章・例

決まりが悪い

決まりが悪い」という言葉について解説します。

「上司に頼まれた仕事を忘れてしまい、きまりが悪い。」「約束を破り、会うのはきまりが悪い。」といった使い方をするこの言葉。

普段ご自分で使わなくても、聞いた事ありませんか?

面目が立たない時などに使用されるこの言葉。皆さんは正しい意味をご存知でしょうか?

ということで、ここではそんな決まりが悪いという言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

決まりが悪いの意味とは

決まりが悪いとは「守るべき普通の人の常識から逸脱してしまったと感じた際に使う言葉。常識を逸脱し、面目立たない、照れくさい、恥ずかしい事を指す。」という意味の言葉となっています。

「後輩に時間を守るように厳しく指導しておいて、自分が遅刻してしまった!ばつが悪い!」なんて失敗、
皆さんにも心覚えがあるのではないでしょうか?

そんな時に使う言葉、それが「決まりが悪い」です。

「後輩に時間を守るように厳しく指導しておいて、自分が遅刻してしまったので非常に決まりが悪い。」

このように使っていただくと、恥ずかしい!!!と嘆いている気持ちが少しだけ、小洒落た話に聞こえるかもしれません。

「極まりが悪い」と言う言葉も聞いた事があるかもしれませんが、決まりが悪いという言葉は、極まりが悪いと使用・表記することもあります。

日常で、「ばつが悪い」「約束を破り恥ずかしい」なんてことがあった場合に使用しますので、「決まりが悪い」という言葉を日常で使うような場面には遭遇したくありませんね。

>

決まりが悪いを使った文章・例

・「約束したのに破ってしまい、友達に会うにはきまりが悪い。」
・「大口を叩いたのに、失敗してしまい、きまりが悪い。」

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ