「扶養」とは?意味や使い方を解説します!

「扶養」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「扶養」について解説します。

目次

  1. 扶養
  2. 扶養の意味とは
  3. 扶養の使い方・例文

扶養

皆さんは「扶養」という言葉をご存知でしょうか。

読み方は「ふよう」で、皆さんが家族とともに生活していく上で欠かすことのできない制度に関係する言葉です。

今回は「扶養」という言葉について解説します。

扶養の意味とは

>

扶養とは「家族や親族から経済的な援助を受けること」という意味です。
読み方は「ふよう」です。

たとえば幼い子供は自分で働いて収入を得ることができないので、保護者の収入で生活することになります。
この場合は、「子供が親の扶養に入っている」という状態になります。
また保護者から見た子供は、扶養されている人の中で血縁者や配偶者の家族などの立場である「扶養親族」に当たります。

「扶養親族」がいる人は、一定の条件に当てはまれば「扶養控除」を受けることができます。
「扶養控除」の対象となれば、一定金額分の所得税が免除されます。

また、「扶養」には税制上のものと社会保険上のものがあり、上記の「扶養控除」は前者に該当します。
一方社会保険上とは、主な制度としては「就労していて保険料や年金を支払っている配偶者がいれば、専業主婦(または主夫)やパートタイマーは配偶者の扶養に入れば自分の社会保険の支払いが免除される」というものです。

ただしいずれの扶養制度も、扶養されている側の収入が金額上限を上回ると適応されなくなります。
単に「夫の方が妻より収入が多い」というだけでは妻が夫の扶養に入ることはできず、共働きと見なされ配偶者控除は受けられないのです。

扶養の使い方・例文

  1. 夫の収入に不安がありパートを増やしたいが、扶養控除を受けられなくなるのも困りものだ。
  2. 親の介護が必要になり、扶養に入れて同居することになった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ