「仇をなす」の意味とは?意味や使い方を解説!

「仇をなす」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「仇をなす」について解説します。

目次

  1. 仇をなす
  2. 仇をなすの意味とは
  3. 仇をなすを使った文章・例

仇をなす

仇をなす」という言葉について解説します。

この言葉は、聞いた事あるような、ないようなと言う方が多いのではないでしょうか?時代劇や小説などで使用されていることが多いような気がします。

中々馴染みのない、普段使用しない、少々恨み事や仕返しなどを連想させるかもしれませんが、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんな仇をなすという言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください

仇をなすの意味とは

>

仇をなすとは「かたきとみたり、恨みに思ったり、仕返しをすること。また害を及ぼす事。」という意味の言葉となっています。

普段からこの言葉を使用している人は、中々いないとは思いますが、多少なりとも恐怖を感じる言葉と思った方が多いのではないでしょうか?

思ってはいけないとまでは言いませんが、恨みがあるとか、アイツはかたきだ!と思っていないと、この言葉を使うことはないかと思います。

そんな気持ちにさせた相手にも問題はあるでしょうが、仕返しや害を与えるというのは、気持ちは分かれど賛成しがたい事柄ですね。

とにかく、この仇をなすという言葉ですが、今後皆さんが使用する事や、誰かを恨んだり仕返ししたりなどと考えない世界である事を祈っています。

仇をなすを使った文章・例

・あの侍に仇をなす!
・殿様に仇をなすとは何事か!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ