「状況」とは?意味や使い方を解説!

「状況」という言葉の意味や例文について解説します。状況とは日常会話でもよく使う言葉かと思いますが、改めてその意味や英語では何と言うのか、対義語・類義語などをご紹介します。

目次

  1. 状況
  2. 状況の意味とは
  3. 状況の類義語・対義語
  4. 状況を使った文章・使い方

状況

状況(じょうきょう)」という言葉の意味について解説します。

「状況を見極める」というように使われる状況という言葉があります。皆様はこの状況という言葉の意味をご存知でしょうか。この機会に意味を理解してみましょう。
 

状況の意味とは

状況の意味は「移り変わる物事の、その時々のありさま」となります。
読み方は「じょうきょう」です。

「情況」とも書いたりするようですが、状況が一般化してます。

逐一状況を報告するなどの何らかの出来事や活動が変化していくさまを伝える時などや特定の物事を把握する時などに使われる言葉です。

哲学的にいうと、環境が人間存在の行動を束縛する面と人間存在が環境を変えていこうとする自由との面から構成されるとなります。

英語で「situation」です。
 

状況の類義語・対義語

<類義語>
「事態」「状態」「時局」「情態」「様態」「形勢」「情勢」「具合」「景況」
「状相」「様子」「局勢」「境遇」「動静」「有様」「事様」「気配」「模様」
「様相」「動勢」

<対義語>
 対義概念の存在しない言葉ですから、ありません。


 

状況を使った文章・使い方

<例文>

  1. 仕事の進捗状況はどうなっているのか聞かれた。
  2. 周囲の状況もよく把握しておく必要がある。
  3. 一刻の猶予も許さないような状況にある。
  4. この状況証拠では判断できない。
  5. 危機的状況にあるにも関わらず、決断できない。
  6. 当時の状況を踏まえて考えて頂きたい。
  7. このような状況で述べる言葉ではありません。
  8. 状況によっては退席することもありえます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ