「覇権」の意味とは?意味や使い方を解説!

「覇権」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「覇権」について解説します。

目次

  1. 覇権
  2. 覇権の意味とは
  3. 覇権を使った文章・例

覇権

覇権」という言葉について解説します。

「ソフトバンクと巨人の覇権争い」「この戦いの結果によって覇権が移るかもしれない」といった使い方をするこの言葉。

みなさんも一度は見聞きした事があるのではないでしょうか。

意味もなんとなく漢字から想像がつきそうですが、ここできちんとした意味を押さえてみましょう。

ということで、ここではそんな「覇権」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

覇権の意味とは

>

覇権とは

  1. 覇者としての権力。圧倒的な力をもってする支配力
  2. 競技などで優勝して得る栄誉。
といった意味の言葉となっています。

スポーツなどの競技でこの覇権という言葉を使った場合は、2の意味の優勝して得た栄誉を指して覇権と使われることが多いようです。

しかし、ニュースや政治、歴史などの話題で覇権と出た場合は多くの場合1の圧倒的な力をもってする支配力という意味で使われます。

2020年以降になってから覇権という言葉が登場するニュースとしては中国とアメリカの世界の覇権争いといった形や、中国の覇権主義。といった形で使われることが増えているようです。

なにやら不穏な空気すら感じさせる「覇権」という言葉ですが、意味をきちんと押さえて使うように気をつけてみてください。

覇権を使った文章・例

  • 2000年代初頭に起きたソニーのプレイステーションとセガのセガサターンの、家庭用ゲーム機シェアの覇権争いはソニーのプレステの圧勝という形で幕を閉じた。がんばれ湯川専務は今はどこにいるのだろう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ