「許諾」とは?意味や使い方を解説します!

「許諾」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「許諾」について解説します。

目次

  1. 許諾
  2. 許諾(きょだく)の意味とは
  3. 許諾の使い方・例文

許諾

許諾」という言葉について解説します。

「設置にあたっては役所の許諾が必要です」「担当者の許諾を得てから来てください」といった形で使われるこの言葉。

みなさんは見聞きしたことがあるでしょうか。

割と堅い言葉ですので、日常会話・日常生活の中でというよりは、書類やビジネスの場で見聞きすることが多いかもしれません。

そのため、この言葉の意味や使い方が分からないと大事な場面でいらぬ恥をかいてしまうということが起きるかもしれません。

そのようなことがないように、ここで一度押さえておきましょう。

ということで、ここではそんな「許諾」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

許諾(きょだく)の意味とは

>

許諾(読み方・きょだく)とは「相手の希望や願いを聞き入れて許すこと」という意味の言葉となっています。

ということで「設置にあたっては役所の許諾が必要です」といった場合は「設置に当たって役所に希望を伝えて許しを得る事が必要」となり、「担当者の許諾を得てから来てください」といった場合も「担当者に伝えて許しを得てから来てください」となることが分かると思います。

許諾という言葉は、交渉や話し合いにおいて許されるであろうことに対して使うことが多いようです。

この言葉をスマートに使えるようになると、かなりスマートな印象になるかもしれませんね。

許諾の使い方・例文

  • 今回は相手から許諾を得ることができるかどうかが最大の交渉ポイントである。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ