「一笑に付す」とは?意味や使い方を解説します!

「一笑に付す」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「一笑に付す」について解説します。

目次

  1. 一笑に付す
  2. 一笑に付すの意味とは
  3. 一笑に付すの使い方・例文

一笑に付す

皆さんは「一笑に付す(いっしょうにふす)」という言葉をご存知でしょうか。

簡単に言い換えると「笑い飛ばす」「気にしない」「相手にしない」などの言葉が挙げられます。
自身に満ち溢れた人しか使えない言葉かもしれませんね。

今回は「一笑に付す」という言葉について詳しく解説します。

一笑に付すの意味とは

>

一笑に付すとは「自分に対する噂や悪評などを笑い飛ばして気に留めないこと」という意味です。
読み方は「いっしょうにふす」です。

一笑の「一」は、「ほんの少し」という意味です。
具体的な動作としては、一呼吸分くらいの笑い声を出す、鼻で笑うくらいのニュアンスでしょうか。

「付す」は「付する」が短くなった形であり、「一笑に付する」という表記もあります。
「付する」は「添える」「つく、つき従う」「物事を託す、任せる」といった意味があり、ここでは3つ目の意味になります。

他人からの噂や悪評などといった好ましくない評価への反応を「ほんの少し笑うくらいの仕草に込める」といった意味合いです。

いかなることを言われようと鼻で笑い飛ばしておしまいにする、全く堪えていませんよというような反応が「一笑に付す」です。
自信にあふれて頼もしい印象を受ける動作ですが、発言した本人の前ですると相手への侮辱になりかねません。
時と場所は選んだほうが良いですね。

一笑に付すの使い方・例文

  1. 事業を始めるという友人は、絶対に失敗するぞという周囲の評判を一笑に付した。
  2. 下馬評を一笑に付すような健闘ぶりに、惜しみない拍手が送られた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ