「気まずい」とは?意味や使い方を解説!

「気まずい」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「気まずい」について解説します。

目次

  1. 気まずい
  2. 気まずいの意味とは
  3. 気まずいの使い方・例文

気まずい

気まずい」という言葉は日常生活の中でも使われる機会の多い言葉です。

様々な場面で「気まずい」思いをすることがあるので、どのような感覚かはわかりやすいと思います。

「気まずい」はよく使う言葉ですので、意味を知って正しく使ってくださいね。
また、書くときには「きまずい」「気まづい」などと間違いやすいので、正しい送り仮名も併せて覚えておいてください。

この記事では「気まずい」の意味や使い方を解説します。

気まずいの意味とは

>

「気まずい」の意味は「相手と心が通い合わなくてなんだか落ち着かない」です。

「気まずい」状況や関係はたくさんあります。

例えば、振られた恋人にばったり会ってしまった時や、自分がレギュラーになったことが原因でレギュラー落ちした友人に会う時など、どうしてよいかわからないような思いをすることは多々あります。そんな時に「気まずいな」と感じますね。

似た表現には「間が持たない」などがあります。関係性が浅くて、一緒にいてもどうしてよいかわからなくて「間が持たない」と感じたとたんに「気まずさ」が襲ってきます。

また、書き言葉で使う時には気を付けてください。「きまずい」「気まづい」などと覚えている人も多いです。

気まずいの使い方・例文

  1. この前フラれたばかりの彼女が他の男性とデートしている場面に遭遇してしまって、とっても気まずい思いをした。
  2. 初対面の人と2人きりで2時間も話さないといけないことになった。ものすごく気まずいから誰か一緒に来てくれないか。
  3. 気まずいのが怖いから、どうでもいい話をするようにしている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ