「欠品」とは?意味や使い方を解説します!

「欠品」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「欠品」について解説します。

目次

  1. 欠品
  2. 欠品の意味とは
  3. 欠品の使い方・例文

欠品

欠品」という言葉について解説します。

「その商品は欠品となっております」「欠品が出てる状態です」といった使い方をするこの言葉。

みなさんも一度は見聞きした事があるのではないでしょうか。

ちなみに読み方は「けっぴん」ですが、意味は読んで字のごとし。といった感じもするのでみなさんも分かっているかもしれません。

改めて説明されるまでもないかもしれませんが、一度ここでおさらいしてみましょう。

ということで、ここではそんな「欠品」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

欠品の意味とは

欠品(読み方・けっぴん)とは「客の注文した品がその場にないこと。品物がその店になく注文に応じられないこと。」という意味になっています。

簡単に言うと「品切れ」ということになるでしょうか。

今風に言うと「ソールドアウト」かもしれませんが、とにかく品物が店にないことを指します。

ちなみに、欠品と使う場合は、足りないとかそういうレベルではなく、全く無い状態を指します。

ですので、買い物に行って「欠品」と言われた場合は、少しも手に入らない状態です。

諦めるしかありません=欠品と思ってもいいかもしれません。

似た言葉として「売り切れ」がありますが、ほとんど同じ意味です。

細かな違いとしては、売り切れは「今は無いけどまたすぐに補充される状態」欠品は「今も無く、しばらく無い状態」といった違いがあるようです。

>

欠品の使い方・例文

  • 欠品させないように注文しておくのが店長の腕のみせどころ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ