「高騰」の意味とは?意味や使い方を解説!

「高騰」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「高騰」について解説します。

目次

  1. 高騰
  2. 高騰の意味とは
  3. 高騰を使った文章・例

高騰

皆さんは「高騰」という言葉をご存知でしょうか。

主に経済のニュースなどで見ることが多い言葉のため、認知度は高いようです。

今回は「高騰」という言葉について詳しく解説します。

高騰の意味とは

>

高騰とは「物価などが高く上がること」という意味です。
読み方は「こうとう」です。「昂騰」とも書きます。
同じ意味の言葉に「騰貴(とうき)」があります。

「騰」という漢字は、音読みが「とう」、訓読みでは「あ・がる」「のぼ・る」と読みます。
意味は「高く上がる」です。
「高騰」や「暴騰」などの金銭に関係する言葉の他に、水が激しく気化して気体となって「立ち上る」現象である「沸騰」などの言葉にも使われます。

上記の内容から分かる通り、「高騰」は似た意味の漢字を並べて意味を強めた熟語です。

物価の「高騰」をインフレーションといいますが、このような世の中全体に及ぶものだけでなく特定の品物の値段が急激に上がることも「高騰」という言葉が使われます。
特定の品物の値段が「高騰」する理由はさまざまです。原材料の値段が「高騰」する、需要の拡大によって市場価値が急激に上昇するなどです。
美術品やエンタメに関係する商品などは経年やプレミア化などの理由で希少価値が上がることもあり、元値の数十倍数百倍の価格に「高騰」することもあります。

高騰を使った文章・例

  1. 天候の栄養で不作が続き、野菜の値段が高騰していた。
  2. 幼いころに集めたコレクションカードが、現在ではプレミア価格まで高騰しているという。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ