「傑作」の意味とは?意味や使い方を解説!

「傑作」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「傑作」について解説します。

目次

  1. 傑作
  2. 傑作の意味とは
  3. 傑作を使った文章・例

傑作

皆さんは「傑作」という言葉をご存知でしょうか。

優れた作品を称える言葉として使われる機会が多い言葉なので、聞いたことがある人は多いのではないかと思います。

今回は「傑作」という言葉について詳しく解説します。

傑作の意味とは

>

傑作とは「出来栄えが非常に優れていること。また、そのような作品。」「言動などが酷く滑稽で面白みにあふれていること。」という意味です。
読み方は「けっさく」です。

「傑」という漢字は音読みが「けつ」、訓読みは「すぐ・れる」と読みます。
意味は「優れる。勝る。優れた人。」です。
この漢字が使われている他の熟語に、「優れた人」という意味の「傑物」、「才知が人並み以上に優れている人」という意味の「英傑」、「不思議なほど人並外れた能力の持ち主」という意味の「怪傑」などがあります。

つまり「傑作」とは「すぐれた作品」という漢字の意味そのままの熟語ということになります。
上記の用例を見ると分かる通り「傑」という一文字で「優れた人」という意味となり「どのように優れた人か」を表す熟語が多い中で、「傑作」は人ではなく作品を表す言葉として使われているという珍しい熟語と言えます。

また、誰かが突飛で面白みのある言動をしたことを評して「これは傑作だ」というような形で使うこともあります。
文脈によっては多少馬鹿にしたような、皮肉じみたニュアンスで使うこともあります。

傑作を使った文章・例

  1. この美術館には、地元出身の芸術家が制作した傑作が多数展示されている。
  2. 彼の言うことはいつだって傑作で笑ってしまう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ