「虐待」の意味とは?意味や使い方を解説!

「虐待」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「虐待」について解説します。

目次

  1. 虐待
  2. 虐待の意味とは
  3. 虐待を使った文章・例

虐待

皆さんは「虐待」という言葉をご存知でしょうか。

ニュースなどでしばしば聞かれる言葉のため、知っているという方は少なくないでしょう。

今回は「虐待」という言葉について詳しく解説します。

虐待の意味とは

>

虐待とは「繰り返し、もしくは習慣的に暴力を振るったり、冷淡・冷徹な態度を取ること。弱い相手をいじめること」という意味です。
読み方は「ぎゃくたい」です。

大人が子供を「虐待」する「児童虐待」や人間が動物を「虐待」する「動物虐待」などがよく聞かれますが、「虐待」に相当するものはもっと幅広い種類があります。
特別な名称があるため「虐待」と呼ばないものもあり、たとえば「ドメスティックバイオレンス」略して「DV」と言われているものは、配偶者や恋人への「虐待」に相当するものです。

さらに「虐待」が指す行為についても多くの種類があります。
身体的虐待、精神的虐待、性的虐待、「経済DV」とも呼ばれる経済的虐待、養育の放棄を意味する「ネグレクト」があります。

かつてはこういった弱い相手を「虐待」する行為は、単に「いじめ」のような言葉で軽視されていた傾向にありました。
直接身体に加害がある暴力のようなものだけが「いじめる」行為とみなされており、特に親子間で行われるものは「躾」とされて見過ごされがちでした。
現在では問題が見直されるようになり、「虐待」に対する警鐘が鳴らされるようになっています。

虐待を使った文章・例

  1. 幼いころに動物虐待を行っていた人は、成長すると殺人に手を染めるようになるという調査結果がある。
  2. 近所の夫婦が児童虐待を行っているという疑惑があり、児童相談所へ連絡した。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ