「撤回」の意味とは?意味や使い方を解説!

「撤回」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「撤回」について解説します。

目次

  1. 撤回
  2. 撤回の意味とは
  3. 撤回を使った文章・例

撤回

皆さんは「撤回」という言葉をご存知でしょうか。

聞いたことはあるという方は多いと思われますが、具体的にどういう定義の言葉なのかきちんと知っている方は意外に少ないかもしれません。

今回は「撤回」という言葉について詳しく解説します。

撤回の意味とは

>

撤回とは「先に宣言したことや行ったことを、後になって取り下げること。」という意味です。
読み方は「てっかい」です。

法律上は「意思の表示を行った者が、将来に向かってある行為を無効とさせること」という定義があります。
法的な取り決めで決定したことを「撤回」するためには条件があり、それを外れた状態で「撤回」をすることはできません。
具体的にはその取り決めがまだ効力を発揮していない状態の時でなければならず、たとえば通信販売で注文した商品が発送された後で「撤回」すなわちキャンセルをしても無効となります。
また、まだ効力が生じていない法律行為を取り下げるなどの行為に対しても使います。

同じような言葉に「取消」がありますが、こちらは「取消」を宣言した時点から過去にさかのぼって無効にさせるという点が特徴的です。
「撤回」で無効にできるのはその時点以降の未来のみなので、この点が大きな違いです。

「撤回」を使った四字熟語に「前言撤回」があります。
「前言撤回」とは「前に言った言葉を取り消すこと。既にした発言や意見を打ち消すこと。」という意味の言葉です。

撤回を使った文章・例

  1. 炎上中の政治家が、問題となった発言を撤回し謝罪するという声明を出した。
  2. 近隣住民の反対に遭い、リゾート開発計画が撤回された。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ