「小っ恥ずかしい」とは?意味や使い方を解説します!

「小っ恥ずかしい」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「小っ恥ずかしい」について解説します。

目次

  1. 小っ恥ずかしい
  2. 小っ恥ずかしい(こっぱずかしい)の意味とは
  3. 小っ恥ずかしいの使い方・例文

小っ恥ずかしい

小っ恥ずかしい」という言葉について解説します。

「人前でそんなに褒められて小っ恥ずかしい」「そんな小っ恥ずかしい真似できないよ」といった使い方をするこの言葉。

みなさんも一度は見聞きした事があるのではないでしょうか。

日常の中でも度々登場する言葉ですので、意味や使い方はなんとなく把握されているかもしれませんが、ここで改めて整理してみましょう。

ということで、ここではそんな「小っ恥ずかしい」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

小っ恥ずかしい(こっぱずかしい)の意味とは

小っ恥ずかしい(読み方・こっぱずかしい)とは「ちょっときまりが悪い。妙に恥ずかしい」という意味の言葉となっています。

これは小恥ずかしいの音声変化で、やはりとやっぱりというように「っ」がついた形で小っ恥ずかしいとなっています。

恥ずかしいに「小」がついているので、意味としても「ちょっと」「妙に」といったニュアンスになっています。

ですが、地域によっては小汚い、小ばかにする。というように、意味としてより重くなる地域もあるようですので、使う際は注意が必要かもしれません。

とはいえ、使う時は主に自分に対して使うことが多いような気もしますので、そこまでデリケートに考えなくても良さそうではあります。

 

>

小っ恥ずかしいの使い方・例文

  • 人前で発表するなんて私そんな小っ恥ずかしいことできないよ~
  • 運動会のリレーで大コケして小っ恥ずかしい思いをした。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ