「懇親会」とは?意味や使い方を解説します!

「懇親会」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「懇親会」について解説します。

目次

  1. 懇親会
  2. 懇親会の意味とは
  3. 懇親会の使い方・例文

懇親会

懇親会」という言葉について解説します。

この懇親会(読み方:こんしんかい)という言葉、皆さんよく見聞きするのではないでしょうか。

あまり意味を知らないと、ただのパーティー?みたいな感覚がある方もいらっしゃるかもしれませんね。

懇親会によく参加する、むしろ自分が企画・開催するなんて人もいるかもしれません。

親睦会という言葉もあるので、少々違いが分かりずいかもしれませんが、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんな懇親会(読み方:こんしんかい)という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

懇親会の意味とは

>

懇親会とは「打ち解け、親交を参加者と深める会。組織や集団に属る人同士が親交を深める会。

皆さんはこの言葉ご存知だったでしょうか?

かいつまんで言うと飲み会でしょ?なんて方もいらっしゃるかもしれません。簡単に言うと、会社や組織や集団の中で親交を深める飲み会という事ですね。

ただ、プライベートとは違って会社などが主催で行われるものであるので、気軽に参加とはいかないかもしれませんね。

逆に、親睦会になると、「親しみ合う」「仲良くする」と言う目的の者なので、懇親会よりは気軽な飲み会なイメージですね。

社会人の方だと。懇親会に参加する方も多いかもしれません。

新入社員のために企画する人、参加する人。逆に、先輩との親交を深めたり、情報交換したり。どんな場所でも、前向きに参加すれば、思いもよらぬ良い事があるかもしれません。

懇親会の使い方・例文

・春になると新入社員の為、毎年懇親会が開催されている。
・1年に2回、社員達と交流するための懇親会が行われる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ