「怒涛」とは?意味や使い方を解説

「怒涛の日々」「怒涛の一週間」など「怒涛」という言葉をニュースや新聞で見たことはないでしょうか。この記事では「怒涛」の意味や使い方について解説していきます。

目次

  1. 怒涛
  2. 怒涛の意味とは
  3. 怒涛を使った文章・使い方

怒涛

怒涛(どとう)」という言葉の意味について解説します。

「怒涛の日々を過ごす」というような使われ方をする怒涛という言葉があります。皆様はこの怒涛という言葉をご存知でしょうか。この機会に意味を理解してみましょう。
 

怒涛の意味とは

怒涛の意味は「荒れ狂う大波、激しく打ち寄せる波のこと」となります。
読み方は「どとう」です。

波が押し寄せて来るのを強調した表現になりますから、「怒涛の勢い」という時は、荒れ狂った波のように、ものすごい勢いで何かをしている様をいいます。

怒はいかり、おこるの意味があり、涛は大きくうねる波の意味です。
狂瀾怒涛とは社会情勢などが非常に混乱した状態にあること、疾風怒涛とは時代が激しく変化したことをいいます。

類語で「激浪」「暴動」「大乱」「波乱」「激動」「激変」「動乱」
   「波瀾」「大荒れ」「騒動」「怒濤」があります。

英語で「surf」「angry waves」「raging billows」となります。

怒涛を使った文章・使い方

  1. 聴衆が怒涛のごとく押し寄せて来る。
  2. 歓喜が怒涛のように内部に湧き起こる。
  3. 怒涛のような叫びが次から次へと聞こえてくる。
  4. 暗雲立ち込めていると思ったら、雨が怒涛のごとく降ってきた。
  5. 怒涛のごとき快進撃が続く。
  6. 激しい怒りが怒涛のように体中を駆け巡った。
  7. その背後から、怒涛のような足音が聞こえてきた。
  8. 怒涛の追い上げで、見事優勝を勝ち取った。
  9. 怒涛の勢いを止めることはできない。
  10. 怒涛のように過ぎ去った日々を思い出すすべがない。
  11. このような怒涛の展開を誰が予測できただろうか。
  12. あまりの忙しさで、怒濤のような一週間が過ぎた。
  13. 読者の予想を裏切る怒涛の展開となった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ