「依存」とは?意味や使い方を解説!

「依存」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「依存」について解説します。

目次

  1. 依存
  2. 依存の意味とは
  3. 依存を使った文章・例文

依存

皆さんは、「依存(いぞん)」という言葉をご存知でしょうか。
「スマホ依存症」など、現代では当たり前に使われるフレーズではありますが、「依存(いぞん)」だけの意味は知らない方もいると思います。

この記事では、「依存(いぞん)」の意味と使い方、例文を解説させていただきます。

依存の意味とは

「依存(いぞん)」とは、「あるものに頼るあまり、それが無いと肉体的・精神的に平常を保てなくなること」という意味です。

現代では「依存(いぞん)」だけで使うことより、「○○依存症」という使い方をされることが多いです。
代表的なものは「アルコール依存症」や「スマホ依存症」など、物に対しての依存ですが、「ギャンブル依存症」「恋愛依存症」など、特定の行動への依存もあります。

また、以前NHKでは「いぞん」ではなく「いそん」という読み方をしていましたが、平成26年2月の放送用語委員会で話し合った結果、一般的な読み方である「いぞん」が優先されるようになりました。

>

依存を使った文章・例文

ここで、「依存(いぞん)」を使った例文をご紹介します。

1.薬に頼るのは良いが、依存しないよう注意が必要だ。
2.他人に依存する関係は良くない。
3.このソフトウェアのスペックは使用OSに依存します。
4.スマホ依存症は、現代社会の大きな問題だ。
5.父のギャンブル依存症で、今月も家計が厳しい。
6.姉は恋愛依存症で、毎日フラれては新たな恋をしている。
7.薬物への依存は早めに断ち切らないととんでもないことになる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ