「負け惜しみ」とは?意味や使い方を解説!

「負け惜しみ」という言葉をご存知でしょうか。よく聞く言葉ですが、意外に正確な意味を知らないという方も少なくないのではないでしょうか。この記事では「負け惜しみ」について解説します。

目次

  1. 負け惜しみ
  2. 負け惜しみの意味とは
  3. 負け惜しみの使い方・例文

負け惜しみ

負け惜しみ(まけおしみ)」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。

「負け惜しみを言う」という形で使われ、勝負ごとでやってはいけないことの代表格として戒められていることのため、どういう意味なのか必ず知っておきたい言葉でもあります。

ここではそんな「負け惜しみ」について意味や使い方などを例文を用いてご紹介していきます。

負け惜しみの意味とは

>

負け惜しみ(まけおしみ)とは、「負けたことを認めない旨の発言をすること」を指します。

試合などで負けた後に、怪我や体調不良だったと言ったり、会場のコンディションが悪かったなどと言い訳を並べることを意味し、負けた事実を

口にしてしまうと相手に失礼な言葉でもあり、自分自身の品位も落とすことになる発言として、言わないように戒められています。

またそれらが本当のことだったとしても、負けた後にそういったコンディション的に不利だったことを発言すると、全て負け惜しみに含まれるため、負けを認めないこと以外にも負けた原因が自分になかったことを主張するという意味もあります。

負け惜しみの使い方・例文

  1. 本人は自分がどんな逆境の中で戦って負けたのか語ることがカッコイイことだと思っているようだが、それが負け惜しみでしかないことに気が付いていない。
  2. ランキングや実績の面から見ても彼は間違いなく世界最強だが、負け惜しみを言う点だけは3流臭くて仕方がないので、すぐに直してもらいたいところだ。
  3. 負け惜しみは言わないよ、という前置きがすでに負け惜しみじみている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ