「背任」の意味とは?意味や使い方を解説!

「背任」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「背任」について解説します。

目次

  1. 背任
  2. 背任の意味とは
  3. 背任を使った文章・例

背任

背任」という言葉について解説します。

「背任」皆さんこの言葉を聞いた事があるでしょうか?

聞いた事あるような、ないような?なんて方も少なくはないのではないでしょうか?

この言葉がニュースで流れる度に「またか・・・。」「次は誰だよ・・・。」と
呆れてしまう人もいるかもしれません。

聞いた事がある人も、ない人もここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんな背任という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。
 

背任の意味とは

>

背任とは「自分の利益のため、地位や役職を乱用し役所や会社へ損害を与える、任務にそむく事。特に公務員や会社員などが任務・信任にそむき会社などに損害を与える事。」という意味の言葉となっています。

「会社で失敗してしまった、領収書の金額を間違って経理に出してしまった!0を1個多く起票した!」

何てことは、会社でたまに見聞きするかもしれませんが、背任は故意的に、尚且つ多大なる損害を与え、
会社をや役所に与えられた任務にそむく自己中心的な行いです。

毎回、背任行為で捕まる会社役人の話などがニュースで流れる度に危ない橋を渡り、豪遊した日々は本当に楽しかったのか?と疑問が湧いてくるんではないでしょうか。

確かに、お金は大事かもしれませんが、背任行為をしてまで得たお金よりも、自分で汗水垂らして稼いだお金で飲む1杯のお酒の方が、美味しい!と思いたいですね。
 

背任を使った文章・例

・「〇〇理事逮捕、背任行為で損害2億円。」

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ