「万死」の意味とは?意味や使い方を解説!

「万死」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「万死」について解説します。

目次

  1. 万死
  2. 万死の意味とは
  3. 万死を使った文章・例

万死

万死」という言葉について解説します。

みなさんはこの「万死」という言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。

「万死に値する」なんて使い方をしますが、生命の危機や、命を投げ出すイメージが強いように感じるこの言葉。

あまり日常の中で頻繁に出てくる言葉ではないですが、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんな万死という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

万死の意味とは

>

万死とは「そのことをする事をする事で確実に死ぬ事。生命が到底助かるはずのない事。命を投げ出すという事。」という意味の言葉となっています。

中々使う事のないこの言葉ですが、皆さんはこの言葉を使用したり、聞いた事はあるでしょうか?

助かる見込みのない状況で使用する言葉ですので、あまり使用する機会が少ない方がいいですね。

では確実な死を意味する言葉としてどのような場面で使用されているかと言うと、残忍な犯行を行った殺人犯に向けて「万死に値する。」などと使用されることが多いです。

なのでニュースなどで見聞きすることが多いのではないでしょうか?

この言葉の中には「命を投げ出す。」という意味合いも込められています。

変化の多い時代ですが、命を投げ出したり、誰かの確実な死を願わなきゃいけない世界ではない、このような言葉を使用しなくてもいいような世界で合ってほしいものです。

万死を使った文章・例

・残忍な犯行を行った殺人犯の罪は、万死に値する行為だ。
・国民の期待を裏切る行為は、万死に値する。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ