「門前払い」とは?意味や使い方を解説します!

「門前払い」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「門前払い」について解説します。

目次

  1. 門前払い
  2. 門前払いの意味とは
  3. 門前払いの使い方・例文

門前払い

門前払い」という言葉について解説します。

使い方は「門前払いを食らった!」「門前払いを食らうことは承知で、向かった。」と言った使い方をするこの言葉。

みなさんはこの「門前払い(読み方:もんぜんばらい)」という言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。

なんだか、緊張感のあるイメージがありませんか?自分ではあまり使うことが無くてもTVドラマなどでは見聞きした事があるのではないでしょうか?

あまり日常の中で頻繁に出てくる言葉ではないですが、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんな門前払いという言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

門前払いの意味とは

>

門前払い(読み方・もんぜんばらい)とは「来訪者が訪ねて来ても全く取り合わない、追い返す事。江戸時代には追放刑として宿を持たない犯罪者を奉公所から追い出すという意味で使用されていた。

追放刑で使われていた言葉が、現代でも使用されているって事に驚きですよね?

門前払いする方も良い気分にはならなさそうです。

使い方としては「門前払いを食らいそうな相手の会社に向かわなければならない。」「門前払いを食らいそうだったが、案外すんなりと受け入れられた。」など緊張感漂う場面で使用されることが多いようです。

けれどプラスに捉えると、断られると分かっていても向かっていく精神は、どこか勇ましく前向きですよね。

自分がこの言葉を今後使用する事があったとしたら、前向きな言葉として使用したいものです。

門前払いの使い方・例文

・「彼女の親に挨拶に向かったが、門前払いを食らってしまった。」
・「何度門前払いを食らっても、契約が取れるまでは諦めない。」

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ