「孤立」の意味とは?意味や使い方を解説!

「孤立」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「孤立」について解説します。

目次

  1. 対立
  2. 対立の意味とは
  3. 対立を使った文章・例

対立

孤立」という言葉について解説します。

何者ともつながりのない事や、対立する相手すらいない人、のような悲しい言葉のイメージが強いこの言葉。

皆さんも、聞き覚えがあるのではないでしょうか?

自分にあてはある、よく自分に対して使っているという人が、多くないことを願ってしまわずにはいられないですが、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんな孤立という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

対立の意味とは

>

孤立とは「独り切り離され、助けも得られない状態の事。対立するものもなく、一人または一つから離れてしまい、助けも繋がりもない事。」という意味の言葉となっています。

想像しただけでも、心が痛むこの言葉。

自分でもなるべく使いたくない言葉でもありますが、大切な人にも使ったり感じてほしくない、この「孤立」という言葉。

対立するものすらいないというのは、本当に1人ぼっちという事。悲しい、苦しい言葉ランキングがあれば上位に入るのではないかと思ってしまうほどです。

この言葉が存在するという事は、この世界でこの「孤立」する何かが生まれては、なくなってそれを繰り返しているという事。

楽しい事だけでは生きていけませんが、せめて自分の周りの大切な人だけでも、孤立を感じないようにしていきたいですね。

対立を使った文章・例

・友達グループと対立し孤立してしまった。
・A班とB班が対立し、Cさんが孤立している状態だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ