「共感」とは?意味や使い方を解説!

「共感」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「共感」について解説します。

目次

  1. 共感
  2. 共感の意味とは
  3. 共感を使った文章・例文

共感

共感」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「共感」という言葉は、幅広い場面で使用されるため耳馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

他人の感情などにそのとおりだと感じることや、同感といった意味で使用されることが多いです。

また、他人と同じ感情を抱くことといった意味を持つ言葉でもあります。

よく、「彼の意見に共感する」や「共感を呼ぶ」、「共感を覚える」といった使い方をします。

今回は、そんな「共感」について詳しく解説するので、この機会にしっかりと理解していきましょう。

共感の意味とは

「共感」という言葉の意味は大きく分けて2つあります。

まず、1つ目は「他人の意見、体験、感情などに全くそのとおりだと感ずること。同感。またその気持ち。」という意味になります。

一般的には、この1つ目の意味で使用されることが多いです。

使い方としては「彼の全うな意見に共感する。」や「共感を覚える。」といった表現が一般的です。

そして、2つ目は「他人が体験している感情を自分のもののように感じること。」という意味になります。

使い方としては、「彼女の悲痛な叫びに共感する」といった表現が一般的です。

例えば、親しい友人が理不尽な目に遭い苦しんでいるときに、苦しいことを理解するだけでなく、自分自身も友人と同じ苦しい感情を抱くことを共感といいます。

>

共感を使った文章・例文

  1. 彼の的を射た意見に共感を覚える。
  2. 共感性が高い彼女は、凄惨な事件のニュースを聞いただけで体調を崩してしまった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ