「挙党態勢」の意味とは?意味や使い方を解説!

「挙党態勢」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「挙党態勢」について解説します。

目次

  1. 挙党態勢
  2. 挙党態勢の意味とは
  3. 挙党態勢を使った文章・例

挙党態勢

挙党態勢」という言葉について解説します。

みなさんはこの「挙党態勢」という言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。

政治活動が活発に行われるシーズンなどに、よく耳にする言葉かもしれません。

普段から頻繁に使用する言葉ではないかと思われますので、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんな挙党態勢という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。
 

挙党態勢の意味とは

挙党態勢とは「政党内で対立していた勢力を包含し、党を挙げて一致協力して政治活動に当たろうとする姿勢、気構え。政党がこの状態になることを指す。」という意味の言葉となっています。

政治活動が始まると、ニュースなどで耳にする事があるかと思いますが、中々普段ご自分で使用することはあまりないかもしれません。

政党内で反主流派を作らず、一致団結する言葉であり、この言葉を耳にするとなんだか応援しようと言う気持ちも湧き上がってくるのではないでしょうか。

何事も、派閥が起きずに事を進めていく方が気持ちが良いですし、挙党態勢であれば向かう所敵なしと言った気持ちになれそうな前向きな言葉にも感じます。

日常の中では使用する機会はなかなかないとは思います。

意味を知らない方もいるかもしれませんが、今一度、意味を理解すると今後政治活動への見方が変わるかもしれませんね。

>

挙党態勢を使った文章・例

・「予算国会に挙党態勢で臨む。」
・「挙党態勢をアピールした。」

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ