「高雅」とは?意味や使い方を解説します!

「高雅」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「高雅」について解説します。

目次

  1. 高雅
  2. 高雅の意味とは
  3. 高雅の使い方・例文

高雅

皆さんは「高雅」という言葉をご存知でしょうか。

おそらく日常ではあまり目にしない言葉だと思われますが、「こうが」という読み方は何となく予想できるのではないでしょうか。
「雅」という漢字が含まれていることから、「美しいもの」「優雅なもの」などのような意味であると推測できるかもしれません。

今回は「高雅」という言葉について詳しく解説します。

高雅の意味とは

>

高雅とは「気高くて優雅なこと。高尚でみやびやかなこと。」という意味です。
読み方は「こうが」です。

「みやびやか」とは「上品で優美なさま」という意味です。
「高雅」は「上品で優美」に加えて「気高い、高尚」であることを表しています。
たとえば、感性の鋭い人なら道端の景色に「みやびやか」を感じることはありますが、ありふれた光景を指して「高雅」と呼ぶことはありません。
細部まで考え抜かれ制作された芸術作品など、洗練された美しさを指す言葉が「高雅」なのです。

「高雅」を使った言葉に、「格調高雅」という四字熟語があります。
これは、主に文芸作品の詩や文章において、その文体が非常に上品で優雅であるという評価を表す言葉です。
作者の気高い品格や教養の深さを感じられ、読む人の心に深く訴える崇高な表現であると評した、最高の賛辞と言えるものです。

高雅の使い方・例文

  1. 美しい宮殿で執り行われた儀式で巫女が披露した奉納舞は、指先まで研ぎ澄まされた高雅なものだった。
  2. 時の権力者の命によって、最高クラスの技術を集めて高雅な神殿が建てられた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ