「監修」とは?意味や使い方を解説!

「監修」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「監修」について解説します。

目次

  1. 監修
  2. 監修の意味とは
  3. 監修の使い方・例文

監修

監修(かんしゅう)」という言葉は、書籍の帯に「~さん監修」と書いてあったり、「~さん監修の商品」という表現を耳にしたりと、日常で聞く機会の多い言葉です。

「監修」はよく聞く言葉ですが、実際に「監修する」とはどういうことなのかを知っている人は少ないかもしれません。また、「編集」や「プロデュース」との違いもわかりにくいですね。

この記事では「監修」の意味や使い方、「編集」や「プロデュース」との違いを解説します。

監修の意味とは

>

「監修」の読み方は「かんしゅう」です。

「監修」の意味は「書物の著述などを監督すること」です。このように書くとわかりにくいですが、書物の最終的なチェックや齟齬がないかの確認などを行うことだと考えるとよいかもしれません。

「監修」は書物の作成の全ての場面でアドバイスをしたり、企画から完成までに携わることはあまりありません。どちらかと言うと、大事な場面での確認が中心になります。「~さんの監修のもと」などの表現がよく使われますね。

一方で「編集」の場合には、企画から完成までの多くの場面で作者と意見を交わしながら進めていくので、より現場に近い作業と言えます。

最近よく使われる「プロデュース」は書物以外にも使われますが、こちらも「編集」に近く、様々な場面で関わります。

監修の使い方・例文

  1. 今回は有名な学者が監修することになっているので、前の版に比べて部数が伸びることを期待している。
  2. 実力のある専門家の監修のもとで作成した本ですから、多くの人に手に取ってもらいたいと考えています。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ