「潜在意識」の意味とは?意味や使い方を解説!

「潜在意識」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「潜在意識」について解説します。

目次

  1. 潜在意識
  2. 潜在意識の意味とは
  3. 潜在意識を使った文章・例

潜在意識

皆さんは「潜在意識」という言葉をご存知でしょうか。

考えたり感じたりする時、なぜそのように思うのかはっきりした根拠がないことがあります。
そういう時でも、実は「潜在意識」に無自覚に影響を与えられているのです。

今回は「潜在意識」という言葉について詳しく解説します。

潜在意識の意味とは

潜在意識とは「過去の経験によって無意識に蓄積された価値観などによって形成された、無自覚の意識」という意味です。
読み方は「せんざいいしき」です。

「潜在」とは「表面に表れることなく、内側に潜んで存在すること」という意味です。
対義語は「顕在」です。

私たちは普段「潜在意識」の存在を自覚しませんが、その働きかけによって行動や選択を左右されます。
過去の経験などの具体的な記憶は忘れていても、その際に感じたことは「潜在意識」に残り続けます。何故か分からないけれど好き、あるいは嫌いといった物は誰にでもあると思われますが、実際は過去の経験などが蓄積された「潜在意識」の中にその理由が眠っているのです。

「潜在意識」と似た意味の言葉に「深層心理」があり、「自分では気づいていない無意識の心の動き、心理状態」という意味です。
「潜在意識」の中に内包されているのが「深層心理」という関係性です。
たとえば「寝言を言う」という行動は「潜在意識」の働きですが、感情などの心の動きを伴わないので「深層心理」とは関係ありません。

>

潜在意識を使った文章・例

  1. この道を通ると何となく嫌な感じがするのだが、潜在意識によるものだろうか。
  2. 潜在意識の奥底には、驚くような記憶が眠っているかもしれない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ