「不和が生じる」の意味とは?意味や使い方を解説!

「不和が生じる」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「不和が生じる」について解説します。

目次

  1. 不和が生じる
  2. 不和が生じるの意味とは
  3. 不和が生じるを使った文章・例

不和が生じる

不和が生じる」という言葉について解説します。

「二国間で不和が生じる」「このままでは会社との不和が生じる」といった使い方をするこの言葉。

みなさんも一度は見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

漢字からなんとなく意味も想像がつきそうですし、文脈からもこんな感じかな?というのは分かりそうですが、ここできちんとした意味を押さえておいてはいかがでしょうか。

ということで、ここではそんな「不和が生じる」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

不和が生じるの意味とは

不和が生じるとは「仲違いが起きること」という意味の言葉となります。

ということで、二国間で不和が生じるといった場合は「二つの国の間で仲違いが起こる」という意味になることが分かると思います。

そもそも不和という言葉が「気持ちがしっくり合わないこと」「不仲」「仲の悪いこと」という意味を持っていて、それが起こる=生じることが「不和が生じる」となります。

日常生活の中では仲が悪くなったといった言い方で問題ありませんが、ビジネスシーンなどでは仲が悪いとは言いにくいものです。

そんな時に使う言葉として、不和が生じるという言い方を覚えておくといいのではないでしょうか。

>

不和が生じるを使った文章・例

  • 党内で不和が生じることは、政局の混乱を招くことになってしまうため、調整役に誰を据えるかはとても大事なことだ。
  • 国家間で不和が生じることは、戦争につながることもあるため慎重に話を進める必要がある。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ