「潤沢」の意味とは?意味や使い方を解説!

「潤沢」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「潤沢」について解説します。

目次

  1. 潤沢
  2. 潤沢の意味とは
  3. 潤沢を使った文章・例

潤沢

皆さんは「潤沢」という言葉をご存知でしょうか。

「潤沢な資金」「潤沢な資源」などの言葉は、聞いたことがあると思われます。

今回は「潤沢」という言葉について詳しく解説します。

潤沢の意味とは

>

潤沢とは「潤うこと。潤すこと。つや。」「物や資金などが豊富であること。満ち足りていること。」という意味です。
読み方は「じゅんたく」です。

一般的には、二つ目の意味で使われることが多いです。
必要十分を満たしていることはもちろん、時には使っても余るほどたくさんあるという意味で使われることもあります。

逆に、一つ目の意味を認識していない人が多いのではないでしょうか。
「沢(細い川)が潤っている」という漢字の構成からも分かる通り、元々は一つ目の意味なのです。その「水を豊富にたたえた川」というイメージから、二つ目の意味が生まれたと思われます。

「潤沢」は、物や資金が「潤沢」に存在することによって良い効果が得られるというような、良い意味で使われることがほとんどです。
「沢を潤す水」という言葉から生物の命を守り育むきれいな水が流れる川をイメージする人が多い、ということが影響していると思われます。
また「潤い」や「つや」などの一つ目の意味に出てくる言葉からも、健康的で生命力に満ち溢れたイメージを感じることができます。
「潤沢」は、有り余るほどのエネルギーをたたえた言葉だと言えるでしょう。

潤沢を使った文章・例

  1. 彼は潤沢な資金を元手に事業を推し進めた。
  2. 一流のレストランでは、世界各地の食材を潤沢に使って料理をすることができる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ