「中秋の名月」の意味とは?意味や使い方を解説!

「中秋の名月」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「中秋の名月」について解説します。

目次

  1. 中秋の名月
  2. 中秋の名月の意味とは
  3. 中秋の名月を使った文章・例

中秋の名月

中秋の名月」という言葉について解説します。

「中秋の名月にはお月見。」といった使い方をするこの言葉。

皆さん「中秋の名月」という言葉を一度は聞いた事があるのではないでしょうか?

人によっては、「良く知らないけど、お団子を食べる日」「お月見をする日」というイメージかもしれません。

現代社会で、「中秋の名月」が薄れてしまわないようにも、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんな中秋の名月という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

中秋の名月の意味とは

中秋な明月とは「読み:ちゅうしゅうのめいげつ。まず、中秋は【秋の真ん中の日】と言う意味。旧暦では7月から9月を秋とし8月15日は、3か月の秋の丁度真ん中に当たるため中秋と言われてきました。そしてこの8月15日に月を鑑賞するのが習慣化され、その日を中秋の名月。」という意味の言葉となっています。

日本に【月を愛でる風習】が伝わったのは平安時代。もとは中国がルーツとされ、貴族の間で行われてたのが、月を愛で、舟遊びや和歌を楽しむ【観月の宴】と言う宴でした。

そして、8月15日には丁度夏の作物の収穫がほぼ完了し、稲刈りまでの空き時間ができたため、豊作を祈る祭りとしてお月見が始まりました。

月を愛で、豊作を祈る。現代社会では必要ないかもしれませんが、物に溢れたこの時代だからこそ【中秋の名月】を忘れたくはないですね。
 

>

中秋の名月を使った文章・例

・「中秋の名月には月見団子を食べましょう。」
・「中秋の名月には綺麗な月が見られたらいいね。」

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ