「素質」とは?意味や使い方を解説します!

「素質」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「素質」について解説します。

目次

  1. 素質
  2. 素質の意味とは
  3. 素質の使い方・例文

素質

素質(そしつ)」という言葉の意味をご存知でしょうか。

とてもポピュラーな言葉で、「資質」や「素養」などの類語と共に広く用いられている言葉のため、誰しも一度は聞いたことがあるかと思います。
また、「才能」と同じ意味の言葉だとされる場合もありますが、実は少しニュアンスの異なる言葉だったのです。

ここではそんな「素質」について、意味や使い方などを詳しくご紹介していきます。

素質の意味とは

>

素質(そしつ)とは、「生まれつき持っている身体的・精神的特性」のことを意味します。

「素となる性質」という意味から、その人物の性格や、能力の元となる生まれつきの特性や方向性などのことを指します。また、優れた能力を発揮するための下地となるものも意味します。

ちなみに、類語に挙げられる言葉には「資質」や「素養」、「才能」などがあります。
中でも「才能」は、素質によって発揮される力のことを指し、訓練によって鍛えられる能力のことを指すため、「資質」や「素養」と違い、「才能」と「素質」は少し違う意味合いの言葉になります。

素質の使い方・例文

  1. 周りの子たちがすぐにプログラミングの基礎を覚えていくのを見て、現代の子どもたちの素質の高さに驚かされた。
  2. 少年時代に体操選手としての今のコーチに素質を見抜かれた彼は、そこから名選手への階段を登り始めることになる。
  3. 素質はあるのに、正しい努力をしなかったがために、一流になれずに消えていった生徒を何人も見てきた。
  4. 高い素質があったからこそ、素晴らしい才能を発揮するに至った。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ