「ポリコレ」とは?意味や使い方を解説します!

「ポリコレ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ポリコレ」について解説します。

目次

  1. ポリコレ
  2. ポリコレの意味とは
  3. ポリコレの使い方・例文

ポリコレ

皆さんは「ポリコレ」という言葉をご存知でしょうか。

特に海外の映画などに触れていると聞くことがある言葉で、ビジネスの世界でも重要な意味を持っています。

今回は「ポリコレ」という言葉について詳しく解説します。

ポリコレの意味とは

ポリコレとは「社会において特定の属性を持つ人に不快感や不利益を与えないように考えられた政策や対策」という意味です。

「ポリティカル・コレクトネス」の略です。

「特定の属性」とは性別や人種、信条などで、これらの違いによって格差が起こったり不快な思いをしたりする人が出ないようにするという考えが「ポリコレ」です。
たとえば看護師や保育士などは、かつては「看護婦」や「保母」といった名前でした。しかしこれらの職業に男性のなり手が増えてくると、性別を強調しない名称へと変化していったのです。

「ポリコレ」はビジネスにおいても重要な要素で、顧客の属性を限定しない、従来の概念を超えることを意識した企画ということが注目されています。
特に宣伝企画において重要であり、女性の化粧品の宣伝に男性を起用したりといった試みがされています。

しかし過度に「ポリコレ」を意識しすぎた企画は逆に反発を食らうこともあります。
映画などのエンタメ業界において顕著であり、時代背景やストーリー上の必然性よりも、人種やセクシャルマイノリティなど「ポリコレ」への配慮を優先しすぎると批判の対象になりがちです。

>

ポリコレの使い方・例文

  1. このポスターはポリコレへの配慮が感じられて素晴らしい。
  2. 最近の映画はポリコレを意識しすぎて面白くないものが増えている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ