「溜飲」とは?意味や使い方を解説!

「溜飲」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「溜飲」について解説します。

目次

  1. 溜飲
  2. 溜飲の意味とは
  3. 溜飲を使った文章・例文

溜飲

溜飲」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「溜飲」という言葉は、酸っぱい胃液が喉まで上がってくることという意味を持ちます。

また、「溜飲を下げる」という表現の中で用いられることが多い言葉です。

この場合は、溜飲単独で使用する場合の意味と異なり、「不満を晴らす。気晴らし。」といった意味合いになるため、注意が必要です。

また、まれに「溜飲を上げる」といった表現が見られることがありますが、これは間違いです。

今回は、そんな「溜飲」について詳しく解説するので、この機会にしっかりと理解していきましょう。

溜飲の意味とは

溜飲とは「食した飲食物が胃にとどこおり、酸っぱい胃液が喉まで上がってくること。」という意味を持ちます。

また、この「溜飲」という言葉は、単独よりも「溜飲を下げる」という表現で使用されることが多いです。

これらの表現の中で、溜飲という言葉を使用する際には意味が異なるため注意が必要です。

まず、溜飲を下げるとは「胸中をすっきりとさせること。不平や不満、恨みなどを解消することで気分を晴らすこと。気晴らし。」という意味になります。
 

使い方としては、「議論の中で相手を論破して溜飲を下げる。」といった表現が一般的です。

また、この「溜飲を下げる」という表現は、誤用もあります。

まれに、「溜飲を晴らす」や「溜飲を上げる」といった表現が見られますが、これは間違いとなるので注意しましょう。

溜飲を使った文章・例文

  1. 彼は口が達者で、議論をする際には毎回、相手を論破して溜飲を下げている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ