「心地よい」とは?意味や使い方を解説!

「心地よい」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「心地よい」について解説します。

目次

  1. 心地よい
  2. 心地よいの意味とは
  3. 心地よいを使った文章・例文

心地よい

「心地よい」という言葉について解説します。

心地いい香り、使い心地がいい。など話す時は「よい」ではなく「いい」と言うことが多いかもしれませんが、今回はこの「心地よい」という言葉の意味を整理してみましょう。

しっかりと把握できるように、心地よいの類語・英語や、使い方・例文もご紹介していきますのでぜひご覧ください。

心地よいの意味とは

心地よいとは「気持ちがよいこと」「快適であること」という意味の言葉です。

漢字では「心地好い」と書きます。

心地よいという言葉は、人の気持ちのよしあしを指す言葉ですので、「良い」ではなく「好い」となります。

しかし、常用漢字ではないので、一般的には「心地よい」と表記されることが多くなっているようです。

心地よいの英語

心地よいの英語は、気持ちが心地よい場合と、場所や天気などが心地よい場合で使い分けられていて、
 

  • 気持ちが心地よい・快適な状態の場合 「Comfortable」
  • 場所・天気など環境が心地よい場合 「Pleasant」

と、なっています。

心地よいの類語

心地よいの類語として、

  • 安楽(安らかで楽なこと)
  • 快い(こころよい・気分がいいこと)
  • 楽ちん(楽で気持ちがいいこと)
などがあります。

ちなみに、語感から「心地よい」と「快い」の二つを混同してしまうことがあるようなので、注意してみてください。

心地よいを使った文章・例文

  • 初対面にもかかわらず、彼女と二人でいる時間は妙に心地よいものだった。
  • 子供たちの遊ぶ声が、耳に心地よく響いてくる
  • その旅館が人気なのは、従業員全員が心地よいおもてなしを心がけているからだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ