「逆上」の意味とは?意味や使い方を解説!

「逆上」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「逆上」について解説します。

目次

  1. 逆上
  2. 逆上の意味とは
  3. 逆上を使った文章・例

逆上

逆上」という言葉について解説します。

「逆上して殴りかかる」「逆上した結果、家族の心が離れた」といった使い方をするこの言葉。

皆さんも一度は見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

日常の中でこの言葉を使うシーンにはなかなか巡り合わないとは思いますが、意味を知らずに使ってしまうと余計なトラブルに発展しかねない言葉です。

ここではそんな「逆上」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

逆上の意味とは

逆上とは「激しい怒りや悲しみなどのために、頭に血が上ること。分別をなくし取り乱すこと」という意味の言葉となっています。

ということで、逆上して殴りかかるといった場合、「怒りにまかせて分別をなくし殴りかかる」というような意味になることが分かるのではないでしょうか。

意味からも分かるように、人に対して「あなたは逆上しています」なんて使うと、むしろ相手の怒りを買うだけなので注意しましょう。

激しい怒り、強い悲しみのせいで、頭に血が上る。その結果、理性や分別をなくす。取り乱すことを「逆上(する)」と言います。

生きている中で、逆上しそうになることは一度くらいはあると思いますが、この言葉を使う場面に出くわさないのが一番良いのではないでしょうか。

>

逆上を使った文章・例

  • 思い返してみれば、我ながらおかしいほど逆上していたと思う。
  • 周囲からの嘲笑を感じて、顔から火がでるほどの逆上を感じる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ