「共通一次」の意味とは?意味や使い方を解説!

「共通一次」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「共通一次」について解説します。

目次

  1. 共通一次
  2. 共通一次の意味とは
  3. 共通一次を使った文章・例

共通一次

共通一次」という言葉について解説します。

さて、みなさんはこの「共通一次」という言葉に触れたことはあるでしょうか。

多くの方はこの共通一次というものに触れ、大人になったかた思いますが、全くこの言葉に触れずに大人になった方も多くいらっしゃると思います。私もそのうちの一人です 

ということで、触れたことがある方にとっては「あぁ、共通一次ね」くらいのものだと思いますが、触れたことのない方にとっては「キョウツウイチジ…ッテナンデスカ」ではないでしょうか。

ここではそんな「共通一次」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

共通一次の意味とは

共通一次とは「国公立大学共通第一次学力試験の略称」となっています。

共通一次、共通一次試験、一次試験といったりもしますが、国公立大学共通第一次学力試験とは何かというと、

・国公立大学の入学者選抜のため、善行共通の試験問題を用いて実施された学力検査。大学入試センターにより、昭和54年から平成元年まで行われ、平成2年より大学入試センター試験に移行したもの。

となります。

ざっくりと言えば、センター試験の前身です。もっとざっくりと言うと、センター試験の別の言い方くらいの把握でもいいかもしれません。

ということで、国公立大学を目指した方であれば必ず通った道が、この共通一次と言えそうです。

>

共通一次を使った文章・例

  • 当時の日本は子供の数が多く、共通一次試験の競争率はとても厳しいものだった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ