「板につく」とは?意味や使い方を解説します!

「板につく」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「板につく」について解説します。

目次

  1. 板につく
  2. 板につくの意味とは
  3. 板につくの使い方・例文

板につく

板につく」という言葉について解説します。

「社会人生活も一年を過ぎて、なんとかスーツ姿が板についてきた」といった形で使われるこの言葉。

みなさんも一度は見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

語源は別として、意味は文章の流れからなんとなく想像がつきそうですが、使い方を間違えると危険な言葉とも言えます。

一度きちんとした意味を押さえておきましょう。

ということで、ここでは「板につく」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

板につくの意味とは

>

板につくとは

  1. 役者が経験を積んで、演技が舞台によく調和する。
  2. 経験を積んで、動作や態度が地位や職業などにしっくり合う。
といった意味の言葉となっています。

1の意味は語源ともなっている、歌舞伎の役者が舞台=板に足を付けて演技できるようになってきたことを指しています。

2の意味は、私たちが日常で使う際の意味となっており、スーツ姿が板についてきたといった場合「スーツ姿が様になってきた」というような意味になります。

ここで一つ注意点。語源である歌舞伎の役者に対して使っていた「板についてきた」という誉め言葉は、お客さん目線からの誉め言葉です。それは現代にも通じており、目上の人が目下の者を褒める時に使います。

上司や目上の人に対して「板についてきましたね」なんていうと大変な失礼になってしまうので、使う際は注意してください。

板につくの使い方・例文

  • 離婚した当初は見ていられなかったが、シングルファザーとして料理姿が板についてきた

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ