「蔑視」の意味とは?意味や使い方を解説!

「蔑視」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「蔑視」について解説します。

目次

  1. 蔑視
  2. 蔑視の意味とは
  3. 蔑視を使った文章・例

蔑視

蔑視」という言葉について解説します。

みなさんはこの「蔑視」という言葉を見聞きしたことがあるでしょうか。

いつぞやだか、とある政治家が「女性がいる会議は進まない」といった発言をして、女性蔑視にあたるとニュースになっていました。

その時にこの蔑視という言葉に触れたという方は少なくないかもしれません。

この言葉を見かけるのは、日常生活の中というよりもニュースや新聞などの報道の中が多いですが、きちんとした意味を把握せずに使うと差別などの大きなトラブルに発展しかねません。

ということで、ここではそんな「蔑視」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

蔑視の意味とは

蔑視とは「相手をあなどって見下すこと」という意味の言葉となっています。

シンプルな意味ながらとても嫌な意味を持つ言葉と言えるのではないでしょうか。

先ほど出てきた「女性蔑視」という言葉の意味はそのまま「女性をあなどって見下す」という意味になります。また、女性らしさを嫌悪したり否定するということも含まれています。

女性蔑視もそうですが、この蔑視という言葉は差別とも非常に近いところにある言葉です。

扱う際は細心の注意が必要なのではないでしょうか。

この点も併せて覚えてみてください。

>

蔑視を使った文章・例

  • あの人は男社会に飛び込んで、蔑視に耐えながらも偉業を成し遂げた。
  • 差別の意図なく女性蔑視発言をするというよく分からない弁明が続いた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ