「一本締め」とは?意味や使い方を解説!

「一本締め」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「一本締め」について解説します。

目次

  1. 一本締め
  2. 一本締めの意味とは
  3. 一本締めを使った文章・例文

一本締め

皆さんは「一本締め」という言葉をご存知でしょうか。

飲み会の終わりに行う「締め」の常套句ですが、地域などで違いがあるってご存知でしたか?
今回は「一本締め」という言葉について詳しく解説します。

一本締めの意味とは

>

一本締めとは「飲み会の終盤に行われる『手締め』の一種」です。
日本で最も広く浸透しているやり方で、他には「一丁締め」や「三本締め」などがあります。

「一本締め」のやり方は以下の通りです。
主催が「お手を拝借」と声をかけたら、参加者が「イヨーオ」と掛け声を返し、全員が両手のひらを上に向けて構えます。

そうしたら、一斉に手拍子を「タタタン、タタタン、タタタンタン」と打ちます。
これが「一本締め」です。

「お手を拝借」の後、掛け声と手拍子を三回繰り返すのを「三本締め」といいます。
長さがあって華やかなので、式典などの少しフォーマルな場所で行われることが多いです。

さらに、「イヨーオ」までは同じで、そのあと手拍子を一回だけする形が「一丁締め」です。
「関東一本締め」とも呼びます。

いずれの「手締め」も、始まりは全く同じであることが分かります。
なので、「一本締め」だと思って手拍子を打って、実は違っていた場合は少々気まずくなってしまいますね。

特に「一丁締め」は手拍子が一回だけなので、一人だけ「一本締め」だと思って何回も手拍子してしまうと大変恥ずかしい思いをしてしまいます。
そういった「事故」を防ぐため、打つ直前に主催が注意を促してくれるとありがたいですね。

一本締めを使った文章・例文

  1. では、ここで一本締めといたしましょう。皆様、お手を拝借。
  2. 一本締めで会を締めると、気持ちが切り替わってとてもいい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ