「安直」とは?意味や使い方を解説!

「安直」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「安直」について解説します。

目次

  1. 安直
  2. 安直の意味とは
  3. 安直を使った文章・例文

安直

安直(あんちょく)」という言葉をご存知でしょうか?

「そんな安直な話があるか」などと使われることの多い言葉なので、知っている方も多いかもしれませんね。
では、いったいどういう意味なのでしょうか。

今回は「安直」について解説します。

安直の意味とは

>

「安直(あんちょく)」とは、価格が安いこと、お金がかからないこと、またそのさまを意味する言葉です。

「安直な娯楽」などと使われます。しかし最近では、この「安い」という意味で使われることは少ないようです。

現代では、もうひとつの意味である、十分に考えたり、手間をかけたりしないこと、という使われ方の方が多く、上記の「そんな安直な話があるか」という言葉は、こちらの用法で、「そんな簡単な話ではないだろう」という意味になります。

安直の類義語

「安直」の類義語には以下のようなものが挙げられます。

・安っぽい
 【例文】その安っぽい玩具の指輪を、君が嬉しそうに眺めているのを見るのが好きだった。
・手軽
 【例文】LCCの登場によって、海外旅行は手軽になった。
・思慮が浅い(しりょがあさい)
 【意味】注意深く考えることができない、考えが浅い。
 【例文】たったそれだけの理由で政治が動くと思うのは、あまりにも思慮が浅いというものだ。
・浅薄(せんぱく)
 【意味】知識や考えが浅く、薄っぺらいこと。浅はか。
 【例文】表面をなぞるような浅薄な言葉では、誰の心も動かせはしない。

安直を使った文章・例文

1.手間をかけるのを怠り、安直な計画を立てるから失敗するのだ。
2.トランプなどのカードゲームは、安直な娯楽として巷間に浸透した。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ