「蔑ろ」とは?意味や使い方を解説!

「蔑ろ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「蔑ろ」について解説します。

目次

  1. 蔑ろ
  2. 蔑ろの意味とは
  3. 蔑ろを使った文章・例文

蔑ろ

蔑ろ(ないがしろ)」という言葉をご存知でしょうか?

「蔑ろにする」などとも云いますね。テレビや雑誌などでもよく見聞きしますし、ご自分でも使われる方も多い言葉ではないでしょうか。

しかし、その正確な意味をご存知の方は少ないのでは?
というわけで今回は、「蔑ろ」について解説します。

蔑ろの意味とは

>

「蔑ろ(ないがしろ)」とは、あってもないもののように軽んじるさま、という意味の言葉です。

「無きが代(なきがしろ)」がイ音便化されたもので、「代」とは「代わりとなるモノ」という意味となります。

つまり「代が無い(しろがない)」、代わりとなるモノすら用意しない、それほど軽んじるさまを表しています。

もうひとつの意味として、人目を気にしないこと、だらしないさま、というのがありますが、現代ではあまり使われることはありません。

この用法は、皆さんよくご存知の『源氏物語』に出てきます。「あやしき馬に狩衣姿の蔑ろにて来ければ【現代語訳】みすぼらしい馬にかりぎぬのだらしない姿で来たので《末摘花》」

蔑ろの類義語

「蔑ろ」の類義語には以下のようなものが挙げられます。

・軽視(けいし)
 【意味】軽く見ること、軽んじること
 【例文】交通安全指導を軽視すると、思わぬ事故を引き起こすことになる。
・疎か(おろそか)
 【意味】いいかげんに済ませたり軽く扱ったりして、真面目に取り組まないさま
 【例文】内申点を下げたくなければ、宿題を疎かにしないことだ。

蔑ろを使った文章・例文

1.連絡が遅くなったのは謝るよ。君を蔑ろにするつもりはなかったんだ。そのことだけは信じてくれ。
2.「戦争をしてもいい」などと云う発言は、日本国憲法の精神を蔑ろにすることに他ならない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ