「冷夏」とは?意味や使い方を解説します!

「冷夏」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「冷夏」について解説します。

目次

  1. 冷夏
  2. 冷夏の意味とは
  3. 冷夏の使い方・例文

冷夏

冷夏」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「冷夏」という言葉は、天気予報やニュースなどで目にする機会が多いかと思います。

耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

読み方は「れいか」となります。

農作物の生産などに影響する問題で、さまざまな原因によって引き起こります。

今回は、そんな「冷夏」について詳しく解説します。

この機会にしっかりと理解していきましょう。

冷夏の意味とは

冷夏(れいか)とは「平年と比較して、気温が低い夏のこと。気象庁による3階級表現において、6~8月の平均気温が低いと該当した場合の夏のこと。」という意味を持つ言葉です。

この冷夏による影響は、農作物の生産に大きく影響します。

平成以降に入ってから全国的な冷夏があったのは1993年とされています。

農作物の不作や、価格の高騰といった影響が出るため、耳にしたことがある方も多いかもしれません。

日本では、太平洋高気圧の勢力が弱くなり、梅雨前線が日本列島に長くとどまって、オホーツク海高気圧の勢力が強い年に、冷夏になる傾向があります。

また、太平洋高気圧が西日本まで張り出しており、その勢力が弱い場合に、北日本で冷夏となる傾向にあります。

加えて、東北地方の冷夏は、オホーツク海気団から「やませ」という冷たい風が吹くことでも起こります。

>

冷夏の使い方・例文

  1. 今年は、冷夏により農作物が不作だから果物の値段が高くて参ってしまう。
  2. 実家が果物農家なので、ニュースで冷夏という言葉を聞くと不安になってしまう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ