「お布施」とは?意味や使い方を解説します!

「お布施」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「お布施」について解説します。

目次

  1. お布施
  2. お布施の意味とは
  3. お布施の使い方・例文

お布施

お布施」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「お布施」という言葉は、仏教用語です。

読み方は「おふせ」となります。

すべての仏教における主な実践項目の一つです。

また、お布施は僧侶へ独経や戒名を頂いたお礼として、金品を渡すことという意味もあります。

また、本尊へお供えする意味もあり、その金品は封筒へ入れて渡します。

今回は、そのお布施を入れた封筒の書き方なども解説します。

お布施について詳しく解説するので、この機会に深く理解していきましょう。

お布施の意味とは

>

お布施とは「梵語で檀那という。他人に財物を施したり、相手の利益になるよう教えを説くことといった「与えること」を示す。すべての仏教における主な実践項目の一つ。六波羅蜜の一つ。」という意味になります。

お布施には「財施」「法施」「無畏施」の三種類があります。

お布施をする人をダーバディと呼び、施主や​檀越、檀徒と訳されます。

読み方は「おふせ」です。

加えて、お布施は「僧侶へ独経や戒名を頂いた謝礼として金品を渡すこと。また、本尊へお供えすること。」という意味も持ちます。

お布施は、専用の封筒に入れて僧侶に渡します。

また、お布施を入れた封筒には書き方があります。

封筒の表面上部に「御布施」と書き、下部には「〇〇家」や「苗字」「フルネーム」を書きます。

お布施の使い方・例文

  1. 僧侶へお布施を渡す際には、封筒の書き方やマナーに注意する必要がある
  2. お布施は仏教における実践的な項目のひとつである。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ