「壮年」とは?意味や使い方を解説します!

「壮年」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「壮年」について解説します。

目次

  1. 壮年
  2. 壮年の意味とは
  3. 壮年の使い方・例文

壮年

壮年」という言葉の意味をご存知でしょうか。

「青年」や「中年」と同じく、年齢を指す言葉として用いられていますが、具体的に何歳ぐらいのことを意味する言葉なのか分からないという方は少なくないのではないでしょうか。
何度も見聞きする言葉ではないために、中には間違えて覚えている方も多いかと思いますので、この機会に是非意味を理解しておきましょう。

ここではそんな「壮年」について、意味や使い方、読み方の他、何歳から「壮年」の年齢にあたるのかなど、詳しくご紹介していきます。

壮年の意味とは

>

壮年とは、「血気盛んな年齢」や「働き盛りの年齢」を指す言葉になります。

読み方は「そうねん」になります。「壮(そう)」は体力があることや、男らしさを表す言葉で、働き盛りであることや、血気が盛んで、活力に溢れていることを意味します。

何歳から壮年期とするかの厳密な定義は存在しませんが、厚生労働省の資料では、「壮年期(そうねんき)」は「25歳から39歳まで」を指す言葉とされています。
ちなみに、「青年期」は「15歳から24歳」、「中年期」は「40歳から64歳」、「高年期」は「65歳以上」とされています。

壮年の使い方・例文

  1. 壮年期に何も考えずにバイトに明け暮れていたせいで、何のスキルも持たない中年になってしまった。
  2. ついこの間まで大学生だったのに、気づけば壮年の年齢に差し掛かっていて愕然とした。
  3. 壮年の男性が集まっている職場だけあって、いつも活気で満ちている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ