「甘え」とは?意味や使い方を解説します!

「甘え」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「甘え」について解説します。

目次

  1. 甘え
  2. 甘えの意味とは
  3. 甘えの使い方・例文

甘え

皆さんは「甘え」という言葉をご存知でしょうか。

「あまえ」と読むことはもちろんお分かりでしょう。
人によっては「そんな考えは甘えだ」とか「大人なんだから甘えるな」とか言われたことがあったりするのではないでしょうか。

「甘え」は悪だという人もいますが、本当は人間に欠かすことのできない感情なのです。

今回は「甘え」という言葉について詳しく解説します。

甘えの意味とは

>

甘えとは「人の好意を当てにする気持ち」という意味です。
読み方は「あまえ」です。

幼少期において、「甘え」の感情はとても重要なものです。
幼い子供が親に沢山甘え、親もそれに応えて甘えさせてあげることが、自己肯定感を育むうえで欠かせないと言われています。
甘えることを許されることで、自分は愛されている、安心してここにいていいんだという気持ちが育ちます。この気持ちが自己肯定感であり、健全な精神を形成する土台になるのです。

しかし成長して人間関係が複雑になっていくと、他人に甘えることは難しくなります。
さらに仕事に就くと、自分の行動に責任を負わなければなりません。
人間は、だんだんと「甘え」の許されない世界で生きていかなければならないのです。

そんな中でも、「幼少期に親や周りの大人に甘えさせてもらった」ことで形成された自己肯定感があれば、精神的に厳しい時でも自分を保つことができるのです。
「甘え」という感情は、人間の根底を形成する大切な物なのです。

甘えの使い方・例文

  1. 小さい子供が親に甘えているのを見るのは微笑ましい。
  2. 仕事なんだから甘えるなと言う人もいるが、その真意は見極める必要がある。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ