「目論見」とは?意味や使い方を解説します!

「目論見」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「目論見」について解説します。

目次

  1. 目論見
  2. 目論見の意味とは
  3. 目論見の使い方・例文

目論見

目論見」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「目論見」という言葉は、読み方が少し難しいですが、一般的に使用されます。

読み方は「もくろみ」となります。

動詞である「目論む」の連用形です。

この目論見が入った言葉には「目論見書」があります。

今回は、目論見書の意味についても解説します。

また、似た言葉には「腹積もり」があります。

腹積もりについても詳しく解説するので、この機会に「目論見」について詳しく知っていきましょう。

目論見の意味とは

>

目論見という言葉の意味について解説します。

読み方は「もくろみ」となります。

目論見とは「計画。考え。くわだて。」という意味を持つ言葉です。

使い方としては「それは何かもくろみがあって言っているのか。」や「目論見が外れる。」といった表現が一般的です。

この「目論見」は、動詞である「目論む」の連用形です。

また、目論見が入った言葉に「目論見書」があります。

目論見書とは「購入しようとしている投資信託において、投資判断に必要な重要事項を記載した書類。」のことを指します。

さらに、目論見と似た言葉に「腹積もり」があります。

腹積もりとは「これからしようとしている事のおおよその予定。計画。」といった意味を持つ言葉です。

目論見の使い方・例文

  1. どんな目論見があって言っているのか知らないが、その意見はナンセンスだ。
  2. 今回のプロジェクトは、上司の目論見が大きく外れて失敗に終わってしまった。な
  3. 何事も目論見通りにはいかないものだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ