「べっぴん」とは?意味や使い方を解説します!

「侮蔑」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「侮蔑」について解説します。

目次

  1. べっぴん
  2. べっぴんの意味とは
  3. べっぴんの使い方・例文

べっぴん

べっぴん」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「べっぴん」という言葉は、漢字で2つの表記があり、意味は大きく分けて3つあります。

「別品」と書く場合と「別嬪」と書く場合があります。

別の品と、特別な品という意味に分けられるため、使い分けには気を付けたいところです。

また、大阪弁でも「べっぴん」という言葉があり、それぞれ意味が異なります。

話し言葉として使用する際には「べっぴんさん」と敬称を付ける場合が多くあります。

今回は、そんなべっぴんについて詳しく解説します。

この機会に深く理解していきましょう。

べっぴんの意味とは

>

べっぴんという言葉の意味について解説します。

この「べっぴん」という言葉には、大きく分けて3つの意味があります。

漢字での表記も複数ある言葉です。

まず「別品」と書く場合「別の品。」という意味になります。

使い方としては「お礼とは別品で頂きものを送る。」といった表現が一般的です。

次に「別嬪」と書く場合「特別に良い品物。」という意味になります。

使い方としては「お得意先には別嬪なものを送らなければならない。」といった表現が一般的です。

また、大阪弁で「べっぴん」とは「別格に美しい女性。常に美し女性。美人。」という意味を持ちます。

この大阪弁における「べっぴん」は、別嬪が語源です。

使い方としては「あの娘はえらいべっぴんさんやな。」といった表現が一般的です。

べっぴんの使い方・例文

  1. 彼女は、街中を歩く度に「べっぴんさんやな。」と声をかけらるほどの美人だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ