「せんべろ」とは?意味や使い方を解説!

「せんべろ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「せんべろ」について解説します。

目次

  1. せんべろ
  2. せんべろの意味とは
  3. せんべろを使った文章・例文

せんべろ

皆さんは「せんべろ」という言葉をご存知でしょうか。

毎日ストレスを抱え、パーっと飲んで憂さ晴らししたい社会人の皆さん。
そうは言っても、懐具合との相談も悩ましい所です。
そんな悩みを解消してくれるかもしれないキーワードが「せんべろ」なのです。

せんべろの意味とは

せんべろとは「1000円でべろべろに酔うことができる、安い酒場や居酒屋」という意味です。

作家の中島らも氏が知人との間で使う言葉として生まれ、著書「せんべろ探偵が行く」で使ったことがきっかけで世に出たようです。

その後、グルメ情報誌やウェブサイトなどでも使われるようになり、安い酒場を指す言葉として使いやすいことからSNSで使われ始めて急激に知名度を拡大しました。
「せんべろ」な店を紹介することに特化したポータルサイト「せんべろnet」では、「せんべろ」の定義を「酒2杯とつまみ一品の合計が1000円以内に収まる店」としています。
また、このポータルサイトでは同じ計算式の合計が1001~1500円の店を「1500べろ」と呼んでいます。

現在SNSでは定義が拡大しており、「1000円で酔うほど飲む」こと全般を指す言葉として使われています。
自宅や友人宅などで「安くて酔えるお酒とおつまみ」を用意して「宅飲み」するという場合でも「せんべろ」するという人もいます。

安く酔えるというのは、日々働く社会人たちにはとてもありがたいことです。
これからもっと「せんべろ」なお店が増えるといいですね。

>

せんべろを使った文章・例文

  1. ここはいい雰囲気のせんべろな店なので、懐に余裕がない時でもおすすめだ。
  2. せんべろで楽しめる店で、穴場のようなところはないだろうか。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ